丹波の秋 2

刈り取った藁達。豊岡ではあまり見ない光景ですが、篠山の田んぼでは各地で見かけました。
a0294534_1258257.jpg
a0294534_12582186.jpg
a0294534_12591394.jpg
a0294534_1302418.jpg
a0294534_1311344.jpg

手前は名産・黒大豆です。あと少しで黒枝豆が解禁されます。
a0294534_1331131.jpg

2013.9.14  篠山市各所にて

※本日でこのブログが開設1年を迎えました。皆様のお陰でこの日を迎える事ができました。
 これからもよろしくお願い致します。

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。040.gif
[PR]
by kainaka-2 | 2013-09-23 13:06 | 県内 | Comments(12)
Commented by mmpphoto at 2013-09-23 16:19
こんにちは。

こちらでも、もう見ませんね。
三又にしてたり、足場を組んで干すと言った光景は皆無です。
藁として使う需要が無いのでしょうね!
小さい頃(大昔)は積んである藁に乗ったり、もぐったりして
遊んだ思い出があります。
Commented at 2013-09-23 20:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おおむらさき57 at 2013-09-23 23:44 x
稲を刈り取った後の風景、いいですね。私も大好きです。
先日、台風の後に出石に行ったとき、登尾トンネルの手前の田んぼに、いつものように高く組み立てた稲木がありました。
あんなに高い作り物なのに、台風でも倒れないって不思議です。
倒れないためのしなやかさを持たせた作りになっているんでしょうね。
Commented by tomiete3 at 2013-09-24 04:45
藁束・・・子どものころを思い出します。小学生のころから手伝って干していました。・・また取り入れるときも・・子どもでも手伝いできる仕事でした。勉強は二の次・・猫の手よりも親は助かっていたと思います。
大事な馬の冬の餌だったですよ・・p
Commented by カシオペア at 2013-09-24 10:22 x
こんにちは♪

藁ボッチもこうして撮ると絵になる被写体ですね。
日本の秋の山里の風景に惹かれます(^^)

応援ポチッ☆
Commented by kyuujitunituki at 2013-09-24 12:42
こんにちは!
昔は、我が家でも稲刈り→脱穀して稲わらを写真の様に干していました。懐かしい、風景ですね。歳がばれますね。
いつまでも残したい風景ですね。
Commented by kainaka-2 at 2013-09-24 19:32
mmpphotoさんへ
こんばんは。地元の田んぼでは、ほとんど見なくなった光景ですが、
篠山市内は結構各地でこの光景が見られました。
風情ある風景で、とても好きな場面なんですが、家族に聞くと「ふ~ん」
と、素っ気ない物でした(泣)
Commented by kainaka-2 at 2013-09-24 19:34
鍵コメさんへ
こんばんは。連休は土曜日だけ撮影で、日曜は出勤、月曜も米出し
の手伝いしてました。
竹田も予想してましたが、やはりですね。これから益々酷くなるんで
しょうね。
Commented by kainaka-2 at 2013-09-24 19:36
おおむらさき57 さんへ
こんばんは。最近は稲刈りの段階で、コンバインに砕かせてしまう
事が多いので、このような光景はあまり見なくなりました。稲木に干す
光景も近所では見ないです。
子供の頃は、稲木に掛ける仕事を手伝ったりしましたが、もう30年以
上はしてないですね。
Commented by kainaka-2 at 2013-09-24 19:38
tomiete3さんへ
こんばんは。子供の頃は、稲木に干す仕事を手伝いましたが、最近
は全然見ませんし、自分でも経験しなくなりました。
こちらは馬は居ませんが、牛を飼う農家が多かったんです。でもその
牛も減ってきてますね。
Commented by kainaka-2 at 2013-09-24 19:39
カシオペアさんへ
こんばんは。とても風情があり、初秋の大好きなシーンの一つだと
思ってます。地元では、あまり見なくなったのですが、この地域には
結構あり、周りの風景と合わせながらアングルを探りました。
Commented by kainaka-2 at 2013-09-24 19:40
kyuujitunitukiさんへ
こんばんは。今は、藁を使う事が少なくなったのでしょうね。地元では
殆んど見なくなりました。
自分も子供の頃は手伝いましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 大撫山 丹波の秋 1 >>