立雲峡

昨日は休みでしたので、久しぶりに深夜から活動してきました。ただし遠征はせず、近場で。

11時半に起き12時前には出発。(ちなみに寝たのは8時半です)

竹田(立雲峡)を目指すが少しその前に寄り道。予報に反し少し雲が出てきた事も有ったので。

いろいろしてから2時半前には立雲峡駐車場に到着。でもまだ曇ってる。実はここに来る直前、立雲峡
から与布土温泉の中間付近にてと思われる野生動物が目の前を横切って行ったのです。
ネコやタヌキにしては大きい。鹿ほど背丈はない。イノシシのような色合いでなく、真っ黒。素早く側溝に
入って行ったのです。そんなに大きくないのでまだ子供だと推測する。人間に例えると中学生くらいかな。
熊が居てもおかしくない土地柄であるが、実際に目撃すると色々と考えてしまう。

そんなこともあり真っ暗登山も躊躇ってしまったが、雲も引き星が見え始めた。そうなるとやっぱり登って
しまう。最近心底満足行く撮影ができてない。撮ってても感動が無いのです。今日は感動的な場面に出会
えそう・・・かな?

鈴を鳴らし登って行く。直後に来た車の主だろう明かりも追って来るので、そんなに怖くない。途中、林の中
から「ガサガサ」と音がする。おそらく鹿だろう、きっとそうだろうと言い聞かせながらさらに上を目指す。

駐車場から約25分、いつもと同じペースで第1展望所に到着。3月8日以来1ヵ月ぶりの訪問です。

既に月も沈み真っ暗だが、良い感じの雲海が発生してるのは分かった。

霧越しに街明かりも見える。コンポジットで星を流してみた。1枚4分×10回、グルリを。
a0294534_20255886.jpg

すこし明るくなってきた頃。城跡も1枚目よりは分かり易くなってきたが、星の線は弱くなって来ました。
a0294534_20271860.jpg

こちらは1枚もの。北斗七星がハッキリわかります、4分45秒。
a0294534_20301927.jpg

夜明けまで、もう少し時間がかかります。この色合い、自分では気に入ってます。
a0294534_20313346.jpg

今日はここまで。つづきはまた後日に。
2014.4.9  朝来市和田山町  立雲峡にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。040.gif
[PR]
by kainaka-2 | 2014-04-10 20:35 | 但馬 | Comments(8)
Commented by mmpphoto at 2014-04-10 20:56
こんばんは。
ラストの写真、良いですね~
こんな色は初めて見ましたが、ご機嫌になる色です。
雲海も程良く出て、暫くはここからが良いんでしょうね。
Commented by at 2014-04-10 21:06 x
拝見させていただきました。行きたくなりましたね。桜も満開でしょうね。
Commented by 125teru at 2014-04-10 21:31
kainaka-2さん 怖い思いなさっても行こうと言う気持ちになるのは
やっぱりこの光景が見れるからでしょうね!!
最後のお写真 良いですね~♪
今日はここまで 続きは後日って・・え~~~って(笑)
画面に向かって突っ込んでました!!

次を本当に楽しみにしていますので(^-^)
Commented by asogasuki at 2014-04-11 21:31
街を覆う霧が、街の灯りで幻想的になりましたね
Commented by kainaka-2 at 2014-04-12 20:32
mmpphotoさんへ
こんばんは。空気が澄んでなく、少し霞んでたんです。上空は晴れて
たんですけど。そのためだと思うのですが、こんな色合いになったと
思うんです。結局赤味はでませんでした。
Commented by kainaka-2 at 2014-04-12 20:36
仲さんへ
こんばんは。昨日(今朝)はいかがでしたか?霧は出なかったと思い
ますが、星の方はバッチリだったのでしょう。作品楽しみにしてます。
Commented by kainaka-2 at 2014-04-12 20:40
125teruさんへ
こんばんは。おそらく熊だったと思います。その後に親熊が出て
来ないか、そっちも心配だったのですが、何とか無事に行けました。
この続き、もう少し待って下さい。近い内には出しますが、桜の写真も
たまってきたんで、そっちからということで。本当にすみません。
Commented by kainaka-2 at 2014-04-12 20:44
asogasukiさんへ
こんばんは。霧が立ち込める事で、街明かりの派手さも少し和らぎ
ます。そのお陰で、普段とは違う光景を楽しめるんです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 六甲山からの夜景 信州 惜別 >>