人気ブログランキング |

朝焼け

立雲峡での続きに戻ります。

朝日を浴びる城跡。少しだけ残った雪も、効果あり!
a0294534_19313199.jpg

a0294534_19323933.jpg

ピークでしょう。それまでとは違う色合いに変わって来ました。
a0294534_19332713.jpg
a0294534_19334796.jpg

a0294534_19342427.jpg

なお、この日の撮影では京都市内から正月休みを利用して但馬に旅行に来たという若者4人組と
一緒になった。パッと見、今風の兄ちゃん(ちょっとヤンチャ?)でしたが、あいさつもきちんとし、話
好きの青年達でした。
初めて来た立雲峡に凄く感動し、翌日は竹田城跡にも行ってみたいとも言っていた。実は、ここに
登る途中に長靴に着けていたゴム製の滑り止めが片方外れていた。その話をすると、先に降りる彼ら
が「もし途中で見つければ、駐車場の看板の下に置いておく」と言ってくれた。数十分後下山すると、
滑り止めが看板の下に置いてあったのです。彼らが見つけ、回収してくれてたのです。
この場を借りて、お礼を言いたい「ありがとうございました」。

こんな出会いも撮影の楽しみの一つでもある。元旦の藤和峠では、同じく京都市内から来た若者達の
廻りを気遣う事のない振る舞いに、少々うんざりしてたが、この朝は実に清々しい気分で降りる事がで
きた。彼らには、今度は雲海に浮かぶ竹田城跡を見せてあげたい。

2013.1.5  朝来市和田山町  立雲峡にて
(予約投稿です)

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。040.gif
by kainaka-2 | 2013-01-14 18:29 | 但馬 | Comments(8)
Commented by maido-ookini350 at 2013-01-14 18:55
こんばんは。
いい話ですね^^
おそらく、滑り止めを見つけるためにみんなで下を向いて歩いてくれたのでしょうね^^

爽やかな若者は気持ちがいいですね。
礼儀正しいさには思わず笑みがごぼれます^^
P!
Commented by おおむらさき57 at 2013-01-14 22:34 x
赤銅色のこのイメージの城跡は初めてのような気がします。
背景の山の雪景色と重なって、なんてすてきなんでしょう。
↓の山の稜線が見えている構図、すてきです。

↓のタゲリ、先日帰省したとき、教えていただいた辺りを回ってみましたが、あえませんでした。残念でしたが、伊豆の巣塔にコウノトリが一羽入っているのが見えました。
Commented by カシオペア at 2013-01-15 07:51 x
素晴らしい景観ですね~此処は日本でないみたいです(^^)v

最近の若者…私も海でよく話しますが、礼儀正しいですよね…
写真を撮らせてもらうと逆に礼を言われます。

応援ポチッ☆
Commented by kanmyougam at 2013-01-15 13:32
こんにちは。
すばらしい光景・・景色ですね。
城址はどこか他所の国の物に見えて感じます。
いっぱいの観客が訪れていますね。
スベリヂ目のお話うれしいですね。
Commented by kainaka-2 at 2013-01-15 21:12
maido-ookini350さんへ
こんばんは。パッと見は、今風の兄ちゃん達でしたが、話好きな
子達でした。こうした出会いも、撮影の楽しみですが、最近は素っ気
ない人が増えました。
この日は、久しぶりに気分良い撮影でした。
Commented by kainaka-2 at 2013-01-15 21:15
おおむらさき57 さんへ
こんばんは。そうですね、今までの撮影データを振り返っても、真っ白
な山が赤く焼けたシーンは、なかったように思います。

タゲリも、あの時以来見かけません。そしてコハクチョウ一家もどこか
に行ってしまったようです。伊豆周辺での目撃もありましたが、六方に
いた集団のようです。
Commented by kainaka-2 at 2013-01-15 21:20
カシオペア さんへ
こんばんは。いつもの風景ですが、光線状態や雪の量などで、また
違った眺めを楽しめます。

いい青年たちで、感謝してます。最近、竹田城跡に来る若者達には
廻りを気遣うことなく騒ぐ連中も多くて困ってました。今回は、久しぶり
に暖かい気持ちになれました。
Commented by kainaka-2 at 2013-01-15 21:23
kanmyougamさんへ
こんばんは。朝日を受ける城跡は、やはりいいものです。
いろんな角度からいろんなシーンを追い続けたいと思います。

彼らには、本当に感謝です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 立雲峡にて(星編) 吹雪きの中で >>