人気ブログランキング |

マナーはどこに

連日たくさんの来客で活気づく竹田城跡ですが、秋の雲海シーズンになり、さらに多くの方で賑わってるよ
うです。

多くの人が来れば、いろんな方を見かけるようになります。時には常識を疑うような行為すら目にする事も
少なくありません。6日朝の撮影時にも、立ち入り禁止規制されてる平殿で、堂々と三脚立ててる人物を見
かけた。同行してたHさんが、さり気なく注意すると悪びれる事も無く、開き直る素振り。開いた口が塞がら
ないとは、このことでした。

そして昨日16日は立雲峡に陣取った。深夜1時過ぎからの撮影でしたが、濃い霧の為向うの竹田城も姿
が見えません。5時過ぎになり、少し霧も低くなりその要塞が少しずつ姿が見え始める。まだ暗い時間帯の
ため、ライトの明りが続いてる。

ところがである。南千畳下から入城するのですが、現在は天守下には入ることはできず、裏側奥殿を廻り
本丸に入城するルートに規制されている。天守台した平殿は南北にそれぞれバリケードが置かれ「立入禁
止」の表示が貼られてる。


が、その平殿に無数のライトの帯が見えるのです。
a0294534_2011025.jpg
a0294534_20104230.jpg

夜明けの時間になったが、あいにく曇ってる。日差しが無い分、暗い仕上がりですがそれでも平殿の人影
は確認できる。養生されてるビニールの上にも乗ってる者もいるようだ。
a0294534_20135710.jpg

コントラストも上がらない状況、少しみにくいですが、もう一台のカメラで。
a0294534_20143972.jpg

無理やりトリミングしてみた。
天守台、本丸も超満員。だからと言って禁止エリアへの立ち入りが認められるものではありません。
a0294534_20161572.jpg

このような状況が今後も続くようなら、本当に入場規制が敷かれる可能性もあります。もしそうなればそれは
「自業自得」ということ。社会経験も豊富な大人達、もう少し考えた行動を取って頂きたい。

少し前、テレビでもここのマナーに関する番組を放送していた。ブームに乗った番組ばかりが注目されるが
この番組での内容も、みんなもっと認識し、大切な史跡の保護に努めて頂ければと思ってます。

2013.11.16  朝来市和田山町  立雲峡にて

(予約投稿です)

20131111 憤懣本舗VOL 582 ブームの「竹田城」 築400年の石垣も崩落の危機


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。040.gif
by kainaka-2 | 2013-11-18 18:10 | 但馬 | Comments(24)
Commented by maido-ookini350 at 2013-11-18 19:48
こんばんは。
ユーチューブ見ました。
アナが最後に、良識のある行動で歴史的建造物を守って…と締めましたが
非常識を平気でする、指摘されると逆切れする。
個々の行動に期待するものは一切ないですね。
市や評議会が、必死に考えても妙案は、難しいと思います。
守るなら一定期間、全面立ち入り禁止にするしか手はなさそうですね。
このニュースを見て、危機感をより一層感じました。  
Commented by mmpphoto at 2013-11-18 20:40
いやいや(>_<)
問題外の奴らばかりですね!
見ていて腹立たしいかぎりです!!
こんな状態が続くと入城出来なくなります。
ええ年した大人がこれでは、話になりません(-"-)
↑の方も書かれていますが、一定期間の立ち入り禁止に!
賛成です。
その間に修復をしてほしいものです。
Commented by しげとし at 2013-11-18 21:09 x
kainakaさんの仰る通り!
困ったものですね~~
今の世の中 常識はずれが多すぎますね!
Commented by kyoko at 2013-11-18 21:45 x
昨日但馬へ行ってきましたよ
途中福知山はすごい霧でした
今日は雲海も出て竹田城はエライ混雑だったんだろうなあ・・・と夫と話しながら向かっていました

人が増えれば問題も多くなりますね
そういう人に限って立派な機材を持っていたりします
自分さえ良ければそれでいいんでしょうか
立派な機材が泣きますね

マナー違反は竹田城跡だけでなく、京都のお寺でも頻発しているようですよ

Commented by nanairo-nanako2 at 2013-11-18 21:54
こんばんは。
YouTube拝見しました。
マナーを守れない大人たち、腹立たしくて情けなくて…
しかも、年配の方も多いような?
史跡を訪問しているという認識がないのでしょうか。
もっと大々的に、マナーを守るように呼びかける必要がありそうです。ポチ
Commented by kyuujitunituki at 2013-11-19 07:55
kainaka33様 おはようございます。
竹田城素晴らしい景観が台無しですね。
これが「おもてなし」を考える日本人の本質でしょうか?
悲しくなります。
私は、山登りをしますがいつも思うことは
山道を整備して頂く方がいらっしゃるので夜の山道も
迷わず安心して登れます。ホント感謝の一言です。
自分自身を含めて、子供たちの見本となる行動・言動を
心がけたいと思います。
かなり、グチリました。
Commented by tomiete3 at 2013-11-19 09:07
おはようございます

  自分一人のものではないのですから、マナーは守ってほしいですね

   そこに来られる方は他の人のことも考えてほしいですね
Commented by sugi at 2013-11-19 10:10 x
ここまできましたか。各地でも皆さんマナーが問題になっていますが社会のなかで人が気持ちよく過ごせる時間おもてなしもその一つですね。
将来美しい竹田城址も私達カメラ好きも一人ひとりが守らないと写せなくなりそうです。 とても残念なことです。
Commented by ゆったりさん at 2013-11-19 19:06 x
お久しぶりです
今日ニュース竹田城の事故を知りました。
マスコミに流れてからの竹田城、
悲しい道を歩んでいる気がします。
私が写真を写しに行っていた頃は誰も人は
居なかったのですが・・・・

人が多くなると自然は失われていきます。
マナーの悪いのはどこでも同じですが
何とかならないものか!といつも思っています。

今宮崎に転居しましたが、ここでもマナーの悪さは
酷いところです。

何時までも自然のままであってほしかった竹田城です。

駐車場を麓に作り、城まで歩いて上がるようにすれば
良いと思うのですが・・・・・
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:09
maido-ookini350さんへ
こんばんは。この動画を見て、良い方に変わってくれればいいので
すが、現実は厳しいでしょう。
自分本位な考えの人が増え、相手を思いやる心が失われつつあり
ます。悲しい事ですが、これが現状なんです。

これ以上マナーを守れない人が増えれば、本当に入城禁止になり
かねないでしょうね。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:12
mmpphotoさんへ
こんばんは。この光景を見て、どうしてこのような行為に走れるのか
不思議で仕方なかったです。大きなバリケードと張り紙があるにも
関わらず、進入する。みんなが入ってるから自分も、みたいな考えだ
ったのでしょうが、本当に情けなくなりました。
一緒に見てた若者も、「情けない」って言ってた位です。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:14
しげとし さんへ
こんばんは。ここまでモラルの無い連中が来てたとは、悲しくなり
ました。単なる観光地という位置付けだけでなく、史跡であるという
事を、もっと真剣に考えて行動して欲しいです。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:17
kyokoさんへ
こんばんは。日曜の朝もも豊岡は濃霧でした。多分、竹田も同じだろう
と思ってました。用事があったので行きませんでしたが、土曜日以上に
大混雑だったでしょう。

マナーの悪い人が増えれば、きっともっと厳しい規制が引かれるので
しょう。ここにも気楽に行けなる日も来るのでは?そんな事も思うよう
になりました。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:19
nanairo-nanako2さんへ
こんばんは。この番組をもっと多くの方に見て欲しいです。雲海や日
の出のシーンばかり取り上げるのでなく、マナーに関してもっと大々
的に報じるのも、マスコミの責任でしょう。
このブログが、もっとたくさんの方に見られればいいのですが、そんな
に閲覧数はないので・・・。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:24
kyuujitunitukiさんへ
こんばんは。自分さえ良ければ・・・の典型ですね。ここまで品位を
問われる風景も、そうありません。大勢いれば大丈夫みたいな考え
だったのでしょう。
マナーの悪さは、ここ数年言われてますが、遂にここまで落ちぶれた
かという気持ちでした。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:27
tomiete3さんへ
こんばんは。こんな状態が続くようなら、完全閉めだしになっても
仕方ないでしょうね。
数人が立ち入るのは過去にも見ましたが、ここまでの人数は。
もう呆れて物も言えません。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:29
sugi さんへ
こんばんは。大切な史跡です。ここを訪れる個々が、きちんとした
考えで行動して頂きたいです。自分さえ良ければ、あとは関係ない。
そんな考えの人が、あまりにも多過ぎます。先日の花火と言い、この
進入違反。今年は悲しい場面に遭遇する事が増えました。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-19 20:32
ゆったりさんさんへ
こんばんは。この動画、一人でも多くの方に見て頂きたいです。
美しい風景ばかりでなく、現在の竹田の姿を皆さんに知って頂き
たいです。
将来、ここがこの姿で残るのか、或いは崩壊するのか、今が境目
でしょう。
Commented at 2013-11-20 09:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-20 20:31
鍵コメさんへ
こんばんは。そのように言って頂き、感謝します。
一人でも多くの方に現状を理解して頂き、保護に繋がればと思ってます。
ありがとうございました。
Commented by ふっさん at 2013-11-24 07:15 x
おはようございます。
初めてコメントさせていただきます。

竹田城跡はぼくも一度行ったことがあります。
ぼくが行った時は1月でした。
それも今年です。
早朝で城跡にいたのは10組くらいだったと思います。
ラッキーだったのか意外と少ないなって感でした。
それが今や物凄いひとみたいですね。
この写真を拝見して驚きました!
そしてひとの多さに加えてマナー違反をする方が後を絶たないとか…。
それも目の余る行為もあるようですね。
メディアで配信される他国の観光客の事をとやかく言ってる場合ではないですよね。
とても素敵なトコロなので友達にも進めてます。
たくさんの方に訪れてほしいのですがこんな結果になって本当に残念です。
Commented by kainaka-2 at 2013-11-30 13:02
ふっさん さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。拙いブログですが、今後も
どうぞよろしくお願いします。

1月に来られた時、雪があったときでしょうか?自分も何度か行ってま
すので、ひょっとしたらご一緒だった可能性もあります。

さて昨今の爆発的な人気で、一気に人が増えてきました。マナーを
守るのは人の努めであり、それが当たり前だと思ってるのですが、そ
れを堂々と無視する人が増えた事がとても悲しく思えます。

入場規制が敷かれてもそれは仕方ないとも思ってますが、できるだけ
多くの方にこの素晴らしい風景を見て欲しいのも本音です。
企業・団体でもコンプライアンスに対する取り組みは年々重要なもの
になってきてます。個人レベルでも、そういう考えをもっと持って頂けれ
ばと思ってます。
Commented by さら。 at 2014-02-27 18:28 x
そもそも平殿というのはどうして立入禁止になっているのですか?
禁止と書いてあるのに入っていく人が後を絶たないのは
禁止、という文字が読めないか、
なぜ禁止なのか納得できていないからだと思います。
そこの原因を合理的に解決する以外にないと思います。

例えば「危険だから立入禁止」なのであれば
誓約書を書かせるか、命綱をつける等の対応をする。
「芝生等の保全ができないから立入禁止」なのであれば
入る人から保全料を取る、とうの解決策です。
そしてそれを「ここまでしないとわからないのでしょうか」と報道すれば
ここまでしないとわからない人しか入らないようになるかと思います。
Commented by kainaka-2 at 2014-02-27 19:09
さら。さんへ
こんばんは。そうではないのです。彼らは完全に無視し、自分勝手な
行動に出てるのです。あなたは、ここに来られた事がありますか?
もし来た事が無いのなら、ここの状況が分からないと思いますが、
当時は両側に完全立ち入り禁止と分かる表示と柵が置かれてたの
です。

それでも無視し、勝手な行動をしてるのです。現場は石垣が崩れかけ
てまして、そこにこれ以上人が入るともっと悲惨な事になる可能性もあ
ったので、こういう措置がとられたのです。そして今は天守台も入れな
いのですが、そこにもルールを守れない連中が後を絶たないのです。

要は「自分さえ良ければ・・・・」の考えを持った連中がたくさん来てしま
ったと言う事です。赤信号でも平気で渡る。それと一緒です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 氷ノ山の紅葉 ラスト 一日の始まり >>