人気ブログランキング |

2012年 10月 16日 ( 1 )

立雲峡の夜

先日の土曜日、13日の未明です。日付の変わる前、12日の夜11時頃から藤和峠にて星空撮影
を始めました。時間が時間だけに結構冷え込んできた。少し前に自作した夜露防止ヒーターを作動
させる。その筋には定評のある「横田式ヒーター」をマネして自作したものだ。本物を買えばいいのだ
が、少々お高い(自分的には)。なので自分で作ったのです。この日までに数回使用してみたが、その
効果は上々。夜露によって、レンズが曇る失敗は今後オサラバできそうだ。ただ、この日は少し立ち上
がりが遅く、最初に撮り出した数10枚は、結局ボツにしてしまった(泣)。

藤和峠での写真もありますが、今日はその後に向かった立雲峡での星写真を載せたいと思います。

立雲峡には2時少し廻った頃に到着。車中泊中だろう車輌も10台位停まってる。シーズンも最盛期を
迎えた事で、この時間でもこれだけ来てる。竹田城跡側同様、この日も多くの来客で賑わう事が伺える。

さて真っ暗闇登山を開始する。何度来ても、この時間の登山は慣れない。不気味な中を独り行く孤独感
(恐怖感)と、坂道のキツさから、「二度と来るか!!」と思いつつ、その後何度も来てしまう。ここの魅力
に取りつかれた悲しい性とでも言うか(笑)。

少し登ったところで、先客の一人に出会う。そこからは二人で登った。やれやれ少し安心。

見晴らしの良いいつもの場所に到着し、カメラをセット。少しだが霧も出始めてる。過去の経験からして
明け方には雲海になる可能性は十分考えられる状態だ。

先ずは真正面に城跡を配す。少し長めのレンズで切り取ってみた。約12分、19枚。
a0294534_19592880.jpg

広角レンズで少し北側を。北極星を中心に星がぐるっと回る。星影撮影の定番だが、なかなか気に入ってる。
a0294534_2024312.jpg

ほぼ同じ構図だが、焦点を少し長めにした。途中雲が出てきたので、星の線が途切れてしまった。
a0294534_2041270.jpg

北斗七星を入れて撮ったら、他の撮影者さん(三脚)が写ってました(泣)
a0294534_2054150.jpg

それにしても向うの城跡のライトが多い事。明るくなった際、望遠で覗くと凄い人影が見えてました。
2012.10.13  朝来市和田山町   立雲峡にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。040.gif
by kainaka-2 | 2012-10-16 20:09 | 但馬 | Comments(12)