人気ブログランキング |

2013年 11月 04日 ( 1 )

思い出

(過去写真からです)
先月の4日に行ってから、竹田城跡には行ってません。本格的な雲海シーズンに入り、休日はもちろん、
平日でも混雑が続いてると聞く。

連休は特にその混雑ぶりは酷く、遠く離れた場所からシャトルバスを利用する方法になった。

去年あたりから急激に増えた来客だったが、今年はさらに上を行くようだ。有料化が始まったが、そんな
のは関係ない。この人気、一体いつまで続くやら、長年撮って来たものからすれば、少し距離を置くきっかけ
になってるのも事実である。

写真は平成4年(1992)11月に撮影したもの。11月になり、雲海自体の高さは少し低くなり、南千畳に流れ
込む事が少なくなってきた。
a0294534_10174619.jpg

今のように播但道の料金所やローソンの明りに邪魔される事も無い。強いて言えば今は廃業したドライブイン
の明りが薄っすらと被ることがあった。しかしこの朝は、その心配もない。霧が濃かったから、その明かりも
遮ったのだ。当然、ここを訪れる人も少なく、精々5~6人程度だった。当時はカメラマン同士での紳士協定
のような物があり、お互いが協力し合い撮影した。勿論南側に降りる事もなく・・・。なので、自分自身の作品
の中でも、そちら側から撮ったものは、ほとんどないのです。

当時は地元在住の方で毎日のようにここに登って来られる方が居た。健康の為の早朝散歩である。その方
も、我々写真屋の要望にも気を使ってくれた。特に雪の積もった頃は、足跡対策にも快く協力して下さった。

本当にいい時代だった。ここに登ると、心地よい満足感が得られたものだ。いまは、ちょっとむなしさみたい
なものさえ感じる事も多い。挨拶も無く、素っ気ない。時代が違うと言えば、そうなのかもしれないが、なんか
寂しい気分にもなる。

城内の草も木もシッカリと生えてた。この頃は、今ほど頻繁に草刈りもされず、逆にそれが風情を出してくれ
てたのです。踏み荒らされる事も無いころだったから、なおさらだろう。
a0294534_10361747.jpg

粟鹿山右より日が昇る。眼下に広がる雲海と。
a0294534_10201926.jpg


  マミヤ645pro セコール45ミリ、55ミリ、  RVP  平成4年11月撮影


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。040.gif
by kainaka-2 | 2013-11-04 10:38 | フィルム | Comments(14)